【一泊以上】長距離ツーリング

【岐阜・山梨県】日本三大桜制覇ツーリング2・3日目~大津谷公園キャンプ場&淡墨桜編

ではホテルで一泊した静岡県から2日目へ行ってまいりましょう!

www.flhr-biyori.com

ホテルからは暫く国道1号線で愛知県入りを目指します

私情ですが自分はずーっと西日本育ちで国道2か3号線ばかり利用し生活してきたので、日本の国道の1番目となる国道1号線の利用は感慨深いものがあります

そんな静岡県国道1号線高速道路に似た作りのバイパスが長距離続き、下道へ降りるICまで存在するのが驚きです

写真はかなり近距離でも逃げない印象的だった燕、可愛い

そして高速道路のパーキングエリアのように国道1号線に併設されている道の駅「掛川」で一休み

途中から1号線を離脱し山間部へ北上、この日に日本列島を襲撃した大寒波にひたすら耐えたどり着いたのが道の駅「アグリステーションなぐら」

昼食に粳米を串に練り付け素焼きをしたものに、かなり甘めのの味噌ダレを塗った中部地方の郷土料理「五平餅」を初めて頂く

この日に初めて知った得体の知れない食べ物でしたが…これが優しい味付けで中々美味い!!

まったく中部地方はこんな美味しい物を隠し持っていたとは、実に許しがたい事実ですね(絶賛)

そして昼食から戻ると写真では分かりませんが雪が大量に降り始める、メロスは激怒した

こうして4月に降られる雪の中を暫くバイクで走らせ

岐阜の市街地で普通の気温になりホッとしながらたどり着いたのは、無料キャンプ場「大津谷公園キャンプ場」

ここが過去最高のキャンプ場だった訳ですが、その理由が…

ご覧のようにサイト内のすべてのソメイヨシノが満開状態だと言うことです

早速テントとタープを設置しましたが、控えめに言ってこれは最高すぎません…?

ここからは買い出し&近場の「池田温泉」へ向かいます

ここの無料キャンプ場は10分圏内にスーパーや温泉等にアクセス出来るのがまた素晴らしい!

池田温泉」は入浴料500円、全身ぬるぬるするような良好な湯質でした

キャンプ場に戻ると遠方に夜景を望みながらの夜桜を見ながら焼肉です

飲みすぎで夜景撮影の設定をド忘れてしまい最高の被写体がご覧のあり様…

おはようございます

天候は現在良好ですが見事な朝焼けです、大体この流れは天気が悪くなる兆しですが本日は大丈夫だろうか

ですが朝焼けの光はなんとなく写真が盛れるような気がしますw

さてさて咲き始めなので大丈夫だと思いますが薄墨桜までの道のりは毎年大渋滞が発生するポイントらしいので

テントは後で片付けるとして早朝のうちに抑えておきましょう

到着したのは7:30頃で、見頃まではもう少し先ということもあり駐車場はガラガラです

分かりづらいですが気温は2度前後で、既に雪が降りまくっております

早朝なので出店も準備中…

このわき道を抜けた先に、ついに日本三大桜で最後の巨木とご対面です

淡墨桜

樹齢1500年といわれる日本三大桜の一つで、継体天皇が手植えしたとされる言い伝えが残る桜

名前の由来は従来の桜と異なり、満開時は白い花を咲かせ散り際には薄墨色に染まる事から由来される巨木

まだ三分咲きということもあり全体写真は大きさも分かり辛いですが、神代桜同様マッチョな巨体からは1500年の年月をビリビリ感じますね

この時の気温は日陰に残る雪(?)霜(?)で察してくださいw

花付き具合は3分咲き程度なので、正直見頃にはまだまだ遠かったのが非常に惜しまれる…

隣で普通に満開で咲き誇ってるのは「2代目淡墨桜」、現状ではこちらの方が見ごろを迎えております

青空が見えたのはこの一瞬だけで、帰り際に一気に天候が崩れ猛烈に雪が降り始めました

帰り際に茶畑へ寄り道、知らなかったのですが茶畑の周囲ってお茶の香りが充満してるんですね

キャンプ場に戻るとご覧のような快晴、どうやらこの付近は土地柄か天候が変わりやすいようですね

スープとコーヒーで冷えた体を温めた後に撤収作業を行い、ここからは高速道路で一気に自宅まで帰宅します

遠方に見えるのは伊吹山(?)でしょうか、正しければあの向こう側は琵琶湖ですね

愛知県の高速PAにて、名物のひつまぶし…は高すぎるので「海老天ひつまぶし」とやらを頂く

これがまー普通に食べても、〆の出汁をかけてすすっても最高の美味さである

そして新東名高速道路ではなく東名高速道路へ寄り道し「富士川PA」へ

PA内に観覧車があるとか、ちょっと地方出身だと意味が分からないスケールのパーキングエリアです

敷地内には2階建てのショッピング系の施設と、4階建てのカフェが併設される展望台付きの施設の2つがあり正面には日本一の霊峰が広がります

そんな富士山を眺めながら静岡県を通過し、今回の三大桜ツーリングを終えました

そして帰宅するとハーレーのフォグランプが片方消えてるトラブルを発見

無償保証期間も終わってしまったので修理代が幾らかかるか頭が痛い所です…

【スポンサーリンク】