【東京都】

江東区の運転免許試験場にて免許更新、違反区分の所要時間は?

江東区運転免許試験場の列から失礼致します、こんにちはジャギ丸です

今回は2年に1回、免許をお持ちの方であれば誰もが行う運転免許の更新にやって来ました

もれなく休みも半日潰され更新費用まで請求されるクソ行事面倒な行事ですが、怠ればツーリングに出ようならば法の下罰せられてしまいますからね

…という訳で「東京都江東区運転免許試験場」「違反区分」の人間が平日朝一に更新を始めた場合どれくらい時間が掛かったかと言えば

結論から言うと自分の場合免許を受け取る迄に掛かった時間は8:30〜11:20でした

では大体の方は経験済みと思いますが、「違反区分」に指定された私の今日の一連の流れを見て行きましょう


①受付


8:30になると同時に目の前のシャッターが開き受付開始、大体結構長い列が形成されてると思うので10分前くらいだと結構待たされる事になります

この時に「免許更新通知のハガキ」「免許証」が必要となります、写真も自分で用意した場合は此処で提出となりますが、拘りが無ければ後程撮影してくれるのでご安心を


②支払い&撮影


ハガキと免許証を提出後に支払いへ移ります、今回自分は違反区分で3840円のお支払い

この後は指示通りに順路を進み写真撮影まで終わらせます

因みに撮影代金を別に請求されたりは無く、免許更新通知として届くハガキに記載された金額だけ握り締めれば免許更新自体は問題無く行えました


③講習


今回私は「違反区分」の為、講義室へ移動し2時間程の講習を法律上受けなければなりません

ハッキリ言って面白くない講習だと講師の方が自分で言ってましたが、バイクという車より遥かにリスクの高い乗り物を趣味としている為か個人的に安全運転についての講習は苦では有りませんでした

また講師の方もハキハキ話し聞き取りやすい方だったのでアタリですね、因みにつまらなそうにソッポ向いてると質問を当てられますw

そして最近は埼玉県を中心に横断歩道で待ってる歩行者無視の取り締まりをガンガン行なっているそうです、理由は2020年のオンリンピックで増える事が予想される外国人がヒント

基本的に横断歩道というのは歩行者ファーストのサンクチュアリなので、横断歩道内での歩行者との事故は100%運転者側が悪い事となります

日本人の環境に慣れてる人々からしては横断歩道を渡る時に車がビュンビュン横切ってる中突っ込もうとはしませんが、海外の感覚の方々は平気で突っ込んでくるそうです

何故なら横断歩道内では何があろうと歩行者優先だと法律上決まっているから、今迄の感覚のままだと怖い話ですよね

余談ですが抗議を受ける時に左前の席を陣取り、講習後速攻で退出しておけば新しい免許の受け取りがかなり早い段階で済みます


⑤免許受け取り


講習が終わり2つ上の4階で免許を受け取れますがかなり並びます、講習で後ろの席に座ると出遅れるので要注意!

受け取った後は直ぐ横の機械で免許のicチップに内蔵された情報の呼び起こしに必要なパスワード4桁の番号2つを設定したら全ての工程が終了です、お疲れ様でした。


⑥(オマケ)社食が良い感じ!


免許を受け取れる階には社食が併設されており一般の人間でも利用可能、割と安い値段でボリューミーなメニューが多いのでコスパは良さげ

写真はアジフライ定食(¥650)、朝飯も抜いて来ていたのでデッカいアジフライ2つとガッツリ行けて満足満足!


最後に


監視員の鋭い眼差しが気になり写真は撮れなかったのですが、車の駐車場は無い代わりにバイクは大型でも恐らく駐車可能です

ただ手前に自転車用駐輪場があるので、混みやすい土日は車体の大きいバイクだと通れない可能性がある事は頭に入れておいた方が良いかも知れませんね。

【スポンサーリンク】