D5300

【東京都】「六義園」満開の枝垂れ桜ライトアップを撮影(小石川後楽園&旧古河庭園へ寄り道付き)

平成最後の桜の季節となりました、こんにちはジャギ丸です

開花宣言されたばかりの都心ですが、見頃には何処の名所も若干早い所ばかり…

そんな中ソメイヨシノより若干満開が早めな枝垂れ桜が、「駒込駅」から直ぐそばの名所六義園で見頃を迎えてるとの情報を聞きつけ

丁度休みとジャストタイミングだったので、早速今季一発目を撮影しに行ってきました!

ただ事前情報によると日没後のライトアップが尚美しいとの事だったので

境は夕方まで近場の名所に寄り道しながら撮り歩く…そんなお話となります


小石川後楽園へ寄り道


まずはコチラ小石川後楽園」(入園料300円)水戸黄門ゆかりの地として有名な特別名勝です

東京ドームシティの真横なので、ご覧の通りドームと桜のコラボレーションが楽しめます

丁度通りすがりのコサギ(?)と桜と共に

園内は庭園らしく、趣のある和風な建造物が点在しております

そして園内で一番見頃を迎えていた枝垂桜は見事に満開を迎えておりました

偶然映り込んだハロ現象と共にパシャリ


旧古河庭園


次に寄り道したのは最後の目的地「六義園」とセット券(400円)で入場できる旧古河庭園

薔薇と紅葉で有名な名所らしいですが残念ながらほぼ枝のみ…桜の季節には来なくていいかなというのが正直な感想です


六義園」とは?


こうして最終目的地六義園へ到着

六義園」とは徳川家の5代目将軍である徳川綱吉側用人が造らせた大庭園です

徳川綱吉といえば虫も含めた全ての生き物の殺生を禁じる「生類憐みの令」で有名な将軍でシーシェパードもビックリな動物愛護化ですね

その時代から関東大震災東京大空襲の影響も受けず特別名勝」として江戸時代から残る、駒込駅から徒歩数分の名所となります

こちらもソメイヨシノは3分咲きと言ったところ

休憩がてら江戸時代から残る歴史的な庭園で頂ける抹茶で、はんなりさせてもらいましょ(600円)


目的の枝垂れ桜へ


ネットで調べると7部咲きとの情報でしたが完全に満開です

人ごみの順番待ちで中々1番前に行けない上、枝がユラユラ揺れるので中々撮影が難しい所ですね


ライトアップ開始!


夜になると人が一気に増加し複数の警備員で厳戒態勢となります、もちろん三脚の使用は禁止でしゃがみ込み撮影まで注意を受けます

風でただでさえ揺れる桜を三脚無しで完全に真っ暗な中、手持ち撮影は流石にお手上げなのでマジックアワー終了と共に撤収準備と致します

最後に園内にもう一本ライトアップされる枝垂れ桜、数分おきに様々な色合いの新鮮なライトアップが行われております

ちょっと人工的過ぎるとの声も聞こえますが、虹色の珍しい桜のライトアップが見れるのは此処くらいではないでしょうか?

そんな六義園の夜桜ライトアップは、3月21日~4月3日の日没~21:00(最終入場20:30)まで!

入場料:大人1人300円

旧古河庭園+六義園セット券:400円

今回使用のカメラ、レンズの使用レビューはこちら

▼ ▼ ▼

【購入レビュー】一眼レフカメラNikonD5300を購入し半年経過したが控えめに言って最高だったので使用感まとめ – さぁ、次は何処へ行こう?

【レビュー】AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR を使い回してみた感想と作例 – さぁ、次は何処へ行こう?

【スポンサーリンク】